fc2ブログ

つかこうへい著 「新熱海殺人事件」

つかこうへい著「新熱海殺人事件」(白水社/1991年7月第二刷)を読む。

furuhonn20221026 (4)

初演以来18年の歳月を経た「熱海殺人事件」を現代の状況に耐えうる上演台本に。
貧しさのリアリティが失せ、生活感を喪失した現代人にとって、いま成立するまっとうな殺意とは何か。
鬼才つかこうへいが、あえて世に問う最新版「熱海」。
定価950円(本体922円)


★★★★★★★・・・(7/10)

【物置整理】で出てきたのですが、まるっきり記憶が無いので再読しました。

つかこうへい氏にハマった切っ掛けは映画版「熱海殺人事件 (1986)」だったと思います。

舞台ファンには酷評だったと聞きますが、私は思い切りツボでしたね。

そこから小説やシナリオ、戯曲などを随分読みましたが、やっぱり中でも「小説・熱海殺人事件」は好きでした・・・残念ながら舞台を観る機会はありませんでしたが・・・。

すでに手元には「小説・熱海殺人事件」がないので、どこがどう変わっているかは記憶をたどりながら読了。

お得意の差別的台詞が(当時の)現代風に直されていたのは分かりましたが、大きな部分ではそれほど違いは感じられませんでした。

【Wikipedia】で「熱海殺人事件」を検索すると

「1990年代から『熱海殺人事件』は様々なバージョンが作られ、変化している。基本となる設定や構図を残しつつ、役者を替えたり、台詞を変えたり、関係性や結末を変えたりしたもの、さらにバージョンによっては基本の物語すら異なるものもある。」

とありますので、1990年のこの「新熱海殺人事件」はバージョン違いの第1号なのでしょうか(作中ではタイトルを『新熱海殺人事件 オン・ザ・カントリーロード、故郷へ篇』と言っています)。

以前にBSで放送していた舞台「熱海殺人事件~モンテカルロ・イリュージョン」では内容自体に大幅な変更がされていたと記憶するのですが、こちらは第1号なのでそれほどの改変はしなかったのかな・・・なんて勝手に想像しています。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 古書
ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク