fc2ブログ

ハロルド・ベッカー監督 「ドメスティック・フィアー (2001)」

録画した映画「ドメスティック・フィアー」を観る。

domesutexikkunanntokaeiga (2) 202211231848134e402.jpg

ボートの設計技師フランクは数年前に妻と離婚、いまは11歳になる愛する息子ダニーとも離ればなれの生活を送っていた。
このたび、元妻が裕福な工場経営者と再婚することになる。
息子の幸せを願うフランクだったが、ダニーは短気な継父に馴染むことが出来ずにいた。
そんなある日、ダニーはひょんなことから継父の殺人を目撃してしまう。
あわてて警察に駆け込むダニーだったが、彼の話を誰もまともに取り合ってくれない。
そんな中、ただ一人、彼の言葉を信じるフランクは、さっそく継父の身辺を独自に調べ始めるのだった……。


★★★★★・・・・・(5/10)

まぁ、面白かったのですが・・・・

89分とそれほど長くはない作品ですが、気持ちチョッと長く感じました。

出だしで主人公と息子の関係性を丁寧に説明するので、肝心な事件が起こるのが遅い。

主人公が葛藤しながらも息子を信じて行動に移すまでが遅い。

そのためにみんな後手々に回ってしまうのと、この手のお話には定番の警察の間抜けさにイライラさせられます(刺殺したのにルミノール反応はなし?)。

また、個人的な感想ですが、犯人役の継父はトラヴォルタがやった方が怖かったんじゃないかな・・・なんて途中で思ったりして。

ストーリー自体はシンプルでトリックなんかは無い分、サスペンスの盛り上げ方にもっと工夫が欲しかったと言うのは上から目線でしょうかね。

久々に悪党が感電死する場面を見ました・・・自分で死んだから誰も悪くないって定番の死に方(笑)。

最後は母さんが流産したから悪党の子どもを産まなくて良かった良かったって・・・・いいのそれで。

目新しい部分は無く、予測通りの展開ですが、休みの暇つぶしにはいいかな。

スティーヴ・ブシェミがいかにもスティーヴ・ブシェミらしい役をやっているのが、ちょっと嬉しかったです。

2022112301 (2)

◆「ドメスティック・フィアー DOMESTIC DISTURBANCE」 2001年/アメリカ 【89分】
監督:ハロルド・ベッカー 原案:ルイス・コリック/ウィリアム・S・コマナー/ゲイリー・ドラッカー 脚本:ルイス・コリック 撮影:マイケル・セレシン 音楽:マーク・マンシーナ 出演:ジョン・トラヴォルタ/ヴィンス・ヴォーン/テリー・ポロ/マット・オリアリー/スティーヴ・ブシェミ/クリス・エリス/ニック・ローレン/レベッカ・ティルニー/ルーベン・サンチャゴ=ハドソン/デブラ・ムーニー/スーザン・フロイド/ジェームズ・ラシュリー

〇メモ/ハロルド・ベッカー監督映画鑑賞一覧
 タップス(1981)/マーキュリー・ライジング(1998)


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720


関連記事

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク