fc2ブログ

夢枕獏著「大江戸恐龍伝(四)」

夢枕獏著「大江戸恐龍伝 (四)」(小学館文庫/2015年12月第1刷)を読む。

20230726124721487_0001 - コピー

20230726124721487_0001.jpg

琉球の江戸学者・牧志朝典から、琉球・加良間に伝わる祭り・マユンガナシーと盲目のユタの話を聴いた平賀源内。
この祭りには、不老不死を願った始皇帝の命を受けて仙薬を探しに蓬莱島に旅立った徐市伝説が絡むという。
その祭りに潜入した源内は、目蓋のないユタ=神女から古の言い伝えを聴く。
なぜ神女には目蓋がないのか?
遙か昔、ニルヤカナヤから龍の掌を持ち帰った有野作之進とは?
叙市石とは?
そして、石に刻まれた絵の意味するところは?
深まるばかりの謎を抱えて源内一行は大嵐の中、ニルヤカナヤに辿り着くのだが―。
定価:本体690円+税


【点数】 ★★★★★★★・・・(7/10)

【感想・コメント】

ついにゴジラ(恐竜ですが)出現!

放射能は吐きませんが人を食い散らかし、逃げ惑う主人公たちは和製「ジュラシック・パーク」の様相か。

沈みゆく島の運命に、黄金を狙う阿蘭陀人達も絡んで、「インディジョーンズ」のさながらの手に汗握る展開も。

荒唐無稽ながらやっと今までの長かった前フリが謎解きへ進んでいきます。

1巻からのモヤモヤが一気にぶっ飛びました。

とは言え、まだ伏線は残っておりますし、あと2巻残っております。

ゴジラが日本に上陸するのか乞うご期待。

この勢いが続き、尻つぼみにならないように。

それが1番の心配です。

hiragagennnaimoderuyumemakura011.jpg

※著者は、本書の平賀源内像は、NHKで1971年~放映された「天下御免」の主人公の山口崇が演じた平賀源内をイメージしている、と語っています・・・若いね。

ooedokyouryuudennzennkann (1)ooedokyouryuudennzennkann (2)B019F9BK.jpgooedokyouryuudenn4kannnohyousi.jpg


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720
関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク