fc2ブログ

ウォルフガング・ロッツ著「スパイのためのハンドブック」 【物置整理063】

■ウォルフガング・ロッツ著 朝河伸英訳 「スパイのためのハンドブック」 (早川書房/ハヤカワ文庫NF/1982年初版)

supainotamenohanndobukku004.jpg

あなたの年齢は?  スパイになりたい動機はなにか?  子どもを 乱暴にたたいている人を見かけたら、どうするか?  どの程度の 法律違反ができるか?  夫あるいは妻が浮気をしているらしい、 どうするか?  酒飲みか?  
これらはスパイとしてのあなたの適応度を判断する質問表の一部である。
質問と採点表をつくり、 解説を加えるのは元スパイ、ウォルフガング・ロッツ。
彼はイス ラエルの情報機関モサドに属し、 長年エジプトで暗躍したが1965 年に逮捕され、3年後、 エジプト人捕虜5千人と交換された。
その波瀾にとんだ体験をもとに、スパイ志願者へのアドバイスとい う形で、ここにスパイのすべてを明かす 情報部との接触の仕方、スパイ養成の実態、 偽装や尾行の注意点、 金銭問題と異性間 題、尋問・入獄の乗りきり方、 そして運よく生きのびた場合の引退後の生活・・・・・ 豊富なエピソードを織込みユーモアをまじえて綴られた本書は、世界で初めての"ハウツー・スパイ”である。

【目次】
まえがき 第1章「あなたのスパイ能力をテストする」 第2章「スパイはどこからやってくるか?」 第3章「スパイの要請」 第4章「第二の皮膚」 第5章「手がかりを与えるな」 第6章「スパイと異性」 第7章「功績に対する金銭的報酬」 第8章「大きな嘘には小さな真実を混ぜよ」 第9章「拘置所、刑務所、懲治監」 第10章「引退したスパイ」
訳者あとがき:朝河伸英
定価280円


【感想・コメント】

ちょこちょこと再読しているトイレとお風呂の友の1冊。

元イスラエル諜報特務庁所属の伝説的な英雄スパイが書いたスパイのハウツー本です。

ちょっと内容的には古いのですが、「スパイ能力をテスト」や「どうしたらスパイになれるか?」やなど結構具体的なお話が書かれていて興味深い。

また、要所々で語られる体験談は、ボンドやイーサンではない、リアルなスパイ活動を知る事が出来ます(ちなみにボンドのような特殊工作員はスパイの花形ではあるが、スパイの一番の貴族は駐在工作員だそうです)。

ラストは引退後のスパイの心得が書かれていますが、自身と照らし合わせ、ちょっと皮肉めいていて面白いです。

昔も今もスパイになるつもりはありませんが、私のようにスパイ小説が好きでリアルなスパイ物に浸りたい諸兄は読んでいて損のない一冊だと思います。

たぶん、これは・・・・捨てられないだろうな・・・。

supainotamenohanndobukkuhonn037.jpg
◆Wolfgang Lotz「A handbook for spies」(1980/IL)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク