fc2ブログ

マイケル・サルノスキ監督「PIG/ピッグ(2020)」

配信で映画「PIG/ピッグ」を観る。

pigeigatirasi001 (1) pigeigatirasi001 (2)

オレゴンの深い森の中で忠実なブタを相棒にトリュフハンターとして暮らす孤独な男ロブ。
トリュフを買いに時折やって来るバイヤーの青年アミール以外に誰とも付き合うことなく、静かな隠遁生活を送っていた。
ところがある日、大切なブタが何者かに攫われてしまう。
そこでロブはポートランドの街まで出て、アミールとともにブタの行方を追い始めるのだったが…。


【点数】 ★★★★★★★・・・(7/10)

【感想・コメント】

タイトルにつられ鑑賞・・・先日観た「ラム」が印象に残っていたもので。

出だしは「コマンド―」もしくは「ジョン・ウィック」、はたまたタイ映画の「トム・ヤム・クン!」(観てないけど)のキャッチフレーズ「取り戻したい象がいる!」ってのを思い出しました(笑)。

山奥で豚と一緒に暮らす謎の男が盗まれた豚を探しに街に出て、街の“業界”では「伝説の男」が返ってきたと騒然となる・・・・ってお話です。

【ネタバレ注意】

ただ、この“業界”ってのが

マフィアでも裏社会でもなく、 飲食業界 なのです。

主人公は伝説の シェフ

奪ったのは街を牛耳る一流食材会社のボス。

それを前半では何も語らない上、意味のない(?)格闘場面があり、観ている側に「主人公は暴力のプロだ」と思わせるミスディレクションがあります。

敵のボスに対しては「あいつに逆らったらこの街で生きていけない」的な描写があり、てっきりコチラは主人公がたった一人で暗黒街のボスが放った殺し屋たちとの壮絶なアクションシーンを繰り広げると期待してしまいます。

ですが、話が進むにつれ正体が小出しにされ

コッチは段々と「なんだ、そうなの・・・」って気が抜けてきます。

おまけに主人公と行動を共にする若造君はボスの息子。

「あいつに逆らったらこの街 (の飲食業界) で生きていけない」って言う意味なのですね。

なのでクライマックスの主人公とボスの戦いは殺し合いでは無く

料理 です。

ボスと幼い息子と死んだ妻が昔食べた伝説のシェフの料理。

殺し合いも争いもないラストです。

ただね

これが意外と面白かったのですよ。

変わり種の映画ではありますが、その風景やそれっぽい雰囲気、表情をほとんど表にあらわさない哀愁漂う主人公の姿と慟哭。

意味わからん場面は多々ありますが、どっか惹かれるおとぎ話のような作品。

もう1作、この監督の作品を観てみたい・・・と思わせました。

piggueiga0036.jpg

※頬に毛の生えた豚って初めて見ました。

◆「PIG/ピッグ」 2020年/アメリカ【92分】
監督:マイケル・サルノスキ 原案:ヴァネッサ・ブロック/マイケル・サルノスキ 脚本:マイケル・サルノスキ/ヴァネッサ・ブロック 撮影:パット・スコーラ 音楽:アレクシス・グラプサス/フィリップ・クライン 出演:ニコラス・ケイジ、アレックス・ウルフ、アダム・アーキン、カサンドラ・ヴァイオレット、ニナ・ベルフォート、デヴィッド・ネル、ベス・ハーパー、ダリウス・ピアース、グレッチェン・コーベット

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : マイケル・サルノスキニコラス・ケイジ,豚

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク