fc2ブログ

ユッシ エーズラ・オールスン著「特捜部Q―知りすぎたマルコ―(上)」

ユッシ エーズラ・オールスン著 吉田薫訳 「特捜部Q –知りすぎたマルコ-(上)」 (ハヤカワ・ミステリ文庫/2016年第1刷)を読む。

tokusoubuqnozokuhenntati (2)

犯罪集団によって物乞いやスリをさせられてきた少年マルコ。
組織から脱走を図った彼は、逃げ込んだ先で腐乱した男を発見する。
その死体には、巨悪の思惑が絡み合う国際的な陰謀が隠されていた。
一方、カール警部補が率いる特捜部Q。
未解決の変死事件を調査していた助手のアサドとローセたちは、ある外務官僚の失踪に疑いを抱くが…。
個性溢れるキャラクターたちが大人気、これぞ世界レベルの警察小説。
シリーズ第五弾。
定価 (本体800円+税)


【点数】 ★★★★★★・・・・(6/10)

【感想・コメント】

昨年末、シリーズ7作目の「特捜部Q―自撮りする女たち─(上・下)」を古本屋で(安価で)購入した時、まだ5作目を読んでいなかったので

第5作、第6作が古本屋で激安で売っている可能性は少ないので、すぐには手に入らないと思いますが、そちらを購入するまで読むのを待ちます

と書きましたが、

いやいや探してみるものです。

正月に第5作の本作(上巻だけですが)を見つけ購入。

そのすぐ後に第6作の上・下巻を見つけ、即購入。

第5作の下巻はまだ探している途中ですが、嬉しくなり上巻を読み始めました。

読むに当たって

映画版を再鑑賞したらもっとスムーズに読めるかな?

と思い、映画を観ましたが、小説とは出だしより大分お話が違うので途中で中断。

小説は小説、別物として読み始めました。

ですが

う~ん、今までのお話よりはノリがいまいちかな。

のっけよりマルコ(子ども)の命を賭けた逃亡劇が続きますが「あれ、特捜部Qってこんなお話だっけ?」と首をかしげてしましました・・・本作はマルコが主役です。

前作「カルテ番号64」が良かっただけに、著者もちょっと息切れしたかな?と思ってしまいました。

とは言え、先が見えない展開とレギュラーメンバーのやり取りは相変わらず興味深いので、下巻も楽しみではありますが・・・・

さて、近所の古本屋を探して下巻がなければブック・オフオンラインで715円で購入いたします。

それだけの価値はあるのですが・・・上巻200円で購入したケチな私としては痛い出費なのです・・・・

sirisugitamarukogennponn.jpg
◆Carl Valdemar Jussi Henry Adler-Olsen 「Marco Effekten」 (2012/DNK)

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

tag : 海外小説ミステリ北欧

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク