fc2ブログ

木村ひさし監督「屍人荘の殺人 (2019)」【2】

レンタルDVDで映画「屍人荘の殺人」を観る。

sijinnsounosatujinneigadame.png

神紅大学のミステリー愛好会のメンバーは自称ホームズの会長・明智と、ミステリー小説オタクだけど推理が当たったことがない万年助手・葉村の2人だけ。
2人はある日、同じ大学に通う美少女探偵・剣崎比留子から、事件の臭いがする興味深い話を聞かされる。
それは、昨年参加した女子部員の一人が行方不明になったというロックフェス研究会の合宿。
こうして3人は合宿が行われる山奥のペンション“紫湛荘”へとやって来る。
ところが合宿初日、いきなり葉村たちは想像を絶する異常事態に巻き込まれ、籠城を余儀なくされてしまうのだったが…。


【点数】 ★★★★★★・・・・(6/10)

【感想・コメント】

先日小説「屍人荘の殺人」を購入しました。

で、知ったのですがこれって著者のデビュー作で「第27回鮎川哲也賞」受賞作で「このミステリーがすごい!2018年版」国内編第1位、〈週刊文春〉2017年ミステリーベスト10/国内部門第1位、「2018本格ミステリ・ベスト10」国内篇第1位、第18回本格ミステリ大賞〔小説部門〕受賞作と燦々たる結果を冠する作品なのですね。

期待して読み始めたのですが

「あれ、映画は観たけど、そんなに素晴らしかったか?」

と疑問に思い、もう一度映画版をアマプラで鑑賞。

う~ん、それほど面白い作品とは思えない。

確かにクローズド・サークルをゾンビで作り上げた斬新さはあるし、本格推理としての面白さもあります。

ただ、じゃあ他の(普通の)本格推理よりも優れているかと言えば、奇を衒った分、物足りなさを残しました。

なので★6つの評価だったのですが、今回観直して感じたのは

浜辺美波が可愛かった事は別として

なんか大幅に原作を端折っているんじゃないかな

って事と

細かく余計なガジェットを付け足し過ぎているんじゃないか

って事でした。

聞けば脚本は「TRICK」の方。

同じノリで本作を描こうとしたため、確固たる本格推理の部分が薄れ、全体的に散漫になってしまったのではないかと。

時間の制限の中で設定を変えるのはやむなしと思いますが、どこが物語のキモなのかが分かり辛い造りになっていました。

さて、これで物語の大体の流れが掴めましたので、小説も早めに読み終われるでしょう。

ただ

映画とは全然違う展開を期待しつつですが。

hirukoyubisasu.jpg

◆「屍人荘の殺人」 2019年/日本 【120分】
監督:木村ひさし 原作:今村昌弘 脚本:蒔田光治 撮影:葛西誉仁 音楽:Tangerine House 主題歌:Perfume 
出演:神木隆之介/浜辺美波/中村倫也/葉山奨之/矢本悠馬/佐久間由衣/山田杏奈/大関れいか/福本莉子/塚地武雅/ふせえり/池田鉄洋/古川雄輝/柄本時生

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 邦画ミステリゾンビ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク