fc2ブログ

配信ドラマ「沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~ (2024)」【1】

配信でドラマ「沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~」第1~6話を観る。

tinnmokunokanntaijissay0011 (1)

日本近海で海上自衛隊の潜水艦が米国の原潜に衝突して沈没、艦長の海江田四郎を含む76名全員が死亡した、という衝撃のニュースが日本中を駆け巡る。
しかし実際には乗員は全員無事で、日米政府が極秘に建造した高性能原潜“シーバット”に彼らを乗せるための偽装工作だった。こうして米艦隊所属のシーバットの艦長となった海江田だったが、積載された核ミサイルとともに突然の逃亡を図り、海江田を国家元首とする独立戦闘国家“やまと”を全世界に宣言するのだった。
アメリカが太平洋艦隊を集結させてやまとの撃沈を目指す一方、日本はそれよりも先にやまとを捕獲すべく、深町洋艦長率いる海自潜水艦“たつなみ”をやまと追跡に向かわせるのだったが…。
本作は、2023年顔界の映画「沈黙の艦隊」で描かれた“序章”とも言える物語に加え、その後東京湾に戦いの舞台を移し日本だけでなく世界を巻き込んでいく衝撃のクライマックスまでを描く“完全版”ドラマ。

〇シーズン1エピソード1「やまなみ圧潰」
S101tinnmokunokanntai (3)
海上自衛隊の潜水艦「やまなみ」が米原潜に衝突し、艦長の海江田四郎を含む全76名を乗せて圧潰した。
事故を不審に思った海自ディーゼル艦「たつなみ」艦長の深町洋は、衝突時の録音データを解析する。


〇シーズン1エピソード2「シーバット浮上」
S102tinnmokunokanntai (2)
海江田が奪った最新鋭の原子力潜水艦「シーバット」は、テロリスト撃沈を図って集結した米第7艦隊の目前に浮上した。
そこで海江田は驚くべき宣言をする。

〇シーズン1エピソード3「海江田VS深町」
S103tinnmokunokanntai (1)
海江田の宣言をうけて頓着状態の海域に、深町の乗るディーゼル艦「たつなみ」が到着。
海江田を止めようと、深町は「シーバット」に乗り込む。


〇シーズン1エピソード4「戦闘開始」
S104tinnmokunokanntai (4)
海江田は、遂に米軍との戦闘を開始。第7艦隊の原潜3隻が「シーバット」に迫る。
官房長官の海原渉は、米大統領ベネットとの首脳会談へ向けて動き出す。


〇シーズン1エピソード5「日米首脳会談」
S105tinnmokunokanntai (5)
日米首脳会談が開かれるが、両国とも互いの主張を譲らない。
一方、「シーバット」を護衛するため出動した沼田指令率いる海自第2護衛隊群へ向け、米第3艦隊は対潜ミサイルを発射する。

〇シーズン1エピソード6「シーバット、東京湾へ入港」
S106tinnmokunokanntai (6)
米第3艦隊との戦いを終え、海江田は日本と同盟締結すべく東京湾へ入港する。
日本政府は、極秘のシーバット計画に始まった一連のいきさつを国民へ発表する。


【点数】 ★★★★★★★・・・(7/10)

【感想・コメント】

連載当日は夢中で読んでいましたね・・・単行本全32巻も買いました。

アニメも観た記憶がありますが、どもまで制作されたのでしょう。

tinnmokunokanntaianimesakuhinn005.jpg

今回は映画化を経て配信ドラマとなっておりますが、往年のファンからしてみれば

「ドラマ化はいいけど、いったいどこまでやってくれるのか?」

ってのが心配です。

今回のみで終わってしまうのか(シーズン1と謳っているのでシーズン2はあるのでしょうが)それとも物語を最後まで続けてくれるのか?

こちらとしてもハマる覚悟が必要です。

今回放送の第6話まで一気に観ましたが、原作に沿いながらも時代の合わせたストーリーやキャラの改変、漫画の矛盾点(私が当時一番感じた漫画の矛盾点は「核弾頭積載の有無」でした)などの修正などしっかりと作っている印象で原作ファンも納得でしょう。

また、昨今の漫画の実写化=端折ったストーリーと出演者のコスプレ映画になっていないのも良かったです(とは言えそもそものキャラのコスプレ要素は皆無ですが)。

とても面白かったです。

次回放映の第7~8話も楽しみです。

多分シーズン1は物語で一番盛り上がる、竹上総理の「やまと」の指揮権の発表とそれに対する海江田艦長の言葉で終わるのかな。

漫画は結構長いお話だと思っていましたが、映像化によって贅肉をそげ落としていけば、案外長くはならないと思いますので・・・・制作者の方々、どうか最後まで映像化してもらえますよう、切に願います!

tinnmokunokanntaijissay0011 (3)

◆「沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~」 2024年/日本 【全8話】
監督:吉野耕平 脚本:高井光 原作:かわぐちかいじ 音楽:池頼広 主題歌:Ado 出演者:大沢たかお、玉木宏、上戸彩、ユースケ・サンタマリア、中村倫也、中村蒼、水川あさみ、手塚とおる、酒向芳、笹野高史、橋爪功、夏川結衣、江口洋介

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 邦画かわぐちかいじ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク