fc2ブログ

大森立嗣監督「グッバイ・クルエル・ワールド (2022)」

配信で映画「グッバイ・クルエル・ワールド」へ観る。

20240224eigatirasitounogazou (1)

年齢もファッションもバラバラ、互いに素性も知らない5人組の強盗組織が、ラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザの資金洗浄現場を襲い、1億円近い大金の強奪に成功する。
強盗たちは金を山分けし、何食わぬ顔でそれぞれの日常に戻っていった。
しかし、金を奪われたヤクザが裏金で現役の刑事を雇い、強盗組織を本気で追い始めた。
騙されて分け前をもらえなかった強盗組織のひとりも、ラブホテルの従業員を巻き込んで立ち上がり、金に群がるクセ者たちの大波乱の物語が始まる。


【点数】 ★★★★★★★・・・(7/10)

【感想・コメント】

ハードボイルド、クライム&ノワールな雰囲気は大好きです。

反面

音楽やファッションがスタイリッシュ?ポップ?そんな雰囲気が鼻につきます。

このギャップを監督は狙ったのでしょうか?

だとしたら(私的には)失敗もしくはスタイリッシュが余分に思えた作品です。

主人公を1人に絞らず、それぞれに見せ場を用意する演出は興味深く、登場人物たちが無力感と悲壮感を漂わせながら破滅に突き進む展開は最後まで飽きさせなかったです。

しかし、所々でそれに浸るのを阻むのはスタイリッシュ。

宮沢氷魚氏や玉城ティナさんはスタイリッシュかもしれませんが、その他は中年もしくは初老です。

20240224eigatirasitounogazou (2)

そこを狙うのでしたらもっと全体的に年齢層を下げましょう。

そして銃で頭を吹っ飛ばしても笑えるぐらいの倫理観無視した脚本にした方が良かったと思います。

個人的には苦手な大森監督の今までにはない作品で、観ていても監督っぽさは感じられませんでしたが、それだけにどこか残念な作品でした・・・・結果的には面白かったんだけどね。

◆「グッバイ・クルエル・ワールド」 2022年/日本 【127分】
監督:大森立嗣 脚本:高田亮 撮影:辻智彦 出演:西島秀俊、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、奥野瑛太、片岡礼子、螢雪次朗、モロ師岡、前田旺志郎、若林時英、青木柚、奥田瑛二、鶴見辰吾、三浦友和

20240224eigatirasitounogazou (2) 20240224eigatirasitounogazou (1)[1]

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 邦画アクションバイオレンス犯罪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク