fc2ブログ

石川慶監督「ある男 (2021)」

配信で映画「ある男」を観る。

aruotokoeiga001 (3)

弁護士の城戸は、かつて離婚調停を請け負ったことのある女性・谷口里枝から、亡くなった夫「大祐」の身元調査をしてほしいと奇妙な依頼を受ける。
離婚後、子どもを連れて故郷に戻った里枝は、そこで「大祐」と出会い再婚し、新たに生まれた子どもと家族4人で幸せに暮らしていた。
ところがある日、「大祐」が不慮の事故で命を落とすと、知らせを受けてやって来た大祐の兄によって亡くなった夫が大祐とはまったくの別人であることが判明したのだった。
里枝が愛した夫はいったい誰で、なぜ別人として生きなければならなかったのか、その謎を調べ始める城戸だったが…。

【点数】 ★★★★★★★★・・(8/10)

【感想・コメント】

たしか昨年の日本アカデミー総なめ(?)にした作品。

原作は未読ですしストーリーを聞くと主役の弁護士はどちらかと言うと探偵的な役割で、本編は亡くなった夫と残された妻なのでは?なんて想像しましたが

いやいや納得しました、主役は妻夫木聡氏です!

aruotokoeiga0087.jpg

タイトルは「ある男」

「ある男」とは

戸籍を交換して死んだ男か、それとも生きている男か?

はたまたそれを調べる男の事か?

戸籍と言う個々の認証コードの呪縛と個人のアイデンティティ。

昨今の多様性なんて言葉では収まらない深く重い苦しみに縛られた時、人はどう生きればいいのだろう。

本作ではそんないくつかの問題をテーマにした、観ている内に深みにはまる作品です。

正直、地味で陰鬱な映画ですが

とても面白かったです。

なにより主役含め俳優陣の演技が良かったですね。

それぞれに静かだが癖の強い登場人物を見事に演じていました (お笑い芸人の方はいらないです)。

物語としては嫌な余韻を残すラストなのですが、物語の先にどこか光が見えたのはラスト手前の母親と少年の場面があったからこそ。

正直、この子に泣かされました。

ただ、やはり個人的にはここまでの差別を受けた事が無いので、それがここまでする事なのだろうかと言う疑念と想像が至らなく、今一歩踏み込めなかった事でしょうかね。

そう考えると自分は幸せだったとしみじみ感じます。

◆「ある男」 2021年/日本 【121分】
監督:石川慶 原作:平野啓一郎 脚本:向井康介 撮影:近藤龍人 音楽:Cicadav
出演:妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、眞島秀和、小籔千豊、坂元愛登、山口美也子、きたろう、カトウシンスケ、河合優実、でんでん、仲野太賀、真木よう子、柄本明

〇2022年日本アカデミー
作品賞受賞、最優秀主演男優賞(妻夫木聡)受賞、最優秀助演男優賞 (窪田正孝)、最優秀助演女優賞(安藤サクラ)
監督賞(石川慶)受賞、脚本賞(向井康介)受賞、録音賞(小川武)受賞、編集賞(石川慶)受賞
〇2022年ブルーリボン作品賞受賞
〇第47回報知映画賞作品賞受賞
〇第44回ヨコハマ映画祭
最優秀作品賞受賞、最優秀監督(石川慶)受賞、最優秀脚本賞(向井康介)受賞、最優秀主演男優賞(妻夫木聡)受賞、最優秀助演男優賞(窪田正孝 )受賞、最優秀助演女優賞(安藤サクラ)受賞、最優秀録音賞(小川武)受賞、最優秀編集賞(石川慶)受賞


aruotokoeiga001 (1) aruotokoeiga001 (2) ※映画チラシ

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 邦画ミステリドラマ日本アカデミー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク