fc2ブログ

入院中読書【07】 さいとう・たかを著「ゴルゴ13」第187巻

院内にあった、さいとう・たかを著「ゴルゴ13」第187巻(リイド社刊/2017年12月第1刷)を読む。

goruga13dai187knn (1) goruga13dai187knn (2)

●極北航路 脚本協力/ながいみちのり
日露共同の港湾整備計画が推進されていた。その背後には世界のミリタリーバランスを一新させる可能性を持つ新航路“極北航路”が。しかし、そこに米コムの妨害が・・・・

●標的(ターゲット)は陽気な悪魔 脚本協力/氷室勲
紙幣価値が1日で10分の1になるハイパー・インフレのジンバブエ。MDC(民主革命運動)の活動家から、インフレの元凶たる銀行総裁の排除を依頼されたゴルゴだったが、その報酬は・・・・

●消えた原稿 脚本協力/ながいみちのり
米国。サンディ後の見習い記者が書いた原稿を、議員秘書がスピーチ用に買い取りたいと打診がある。見習い記者は断るのだが、秘書は執拗に追ってくる。その原稿の内容とは・・・

【点数】 ★★★★★★・・・・(6/10)

【感想・コメント】

○極北航路

兄弟とは言えロシア人は信じられないってお話かな。

この手の日本を舞台にした政治が動くお話はゴルゴシリーズの中では長い割にはあまり面白く無いと思っているのは私だけ?

○標的(ターゲット)は陽気な悪魔

2010年のジンバブエが舞台。

極度のインフレと政治汚職に立ち向かった活動家の裁判のお話。

作中のムンぺ大統領はムガベ大統領の事だと思いますが、ジンバブエって地名を言っているのに名前変える意味はあるのかな?

それにしても1枚で100億ジンバブエ・ドルって、ゼロ多すぎ。

○消えた原稿

見習い記者が予断で書いた原稿がCIAの目に触れ関係者が狙われるお話で昔観た映画「コンドル」を彷彿させました。

ゴルゴの登場は最後の1コマのみ。

わからないのは、このエピソードは「極北航路」の前日譚なのに、何で順番入れ替えてまで最後に持って来たのだろう?

「極北航路」にもコレを読まないと分からないシーンがあるのに。

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 劇画コミック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク