fc2ブログ

入院中読書【09】 西村京太郎著「十津川警部 殺人者は北へ向かう」

院内にあった西村京太郎著「十津川警部 殺人者は北へ向かう」(双葉文庫/2003年12月第1刷)を読む。

nisimurakyoutarou04022024 (3)

人気超能力者・田代貢はテレビ番組収録後に殺人を宣言した。
標的は田代を批判する大学教授。
遺体が発見されるや、一躍、時の人となった田代は次々と予言を的中させ、遂に南関東大地震を予言した。
捜査陣を翻弄する貢の目的は?
死力を尽くした頭脳戦の結末は……!?
※1999年作品
定価:本体529円+税


【点数】 ★★★★★・・・・・(5/10)

【感想・コメント】

前に読んだ「ダブル誘拐」が十津川警部の代名詞であるトラベルミステリとは違う気がしていたので、今回は(タイトルより)期待。

ですが・・・これもまた随分と違ったかな?

内容とタイトルが全然合わないのは、無理矢理タイトルだけでもトラベルミステリっぽくした著者側の事情かな・・・なんて想像してしまいます。

都内で起こった密室殺人事件。

犯人と名乗った男は自称・超能力者でその力を使って被害者を絞殺したとマスコミに公表。

彼は警察が逮捕出来ないのを横目に別の殺人事件や競馬の予想などを繰り返し世間の注目を浴びてくる。

なので作中で「超能力で人を殺したら罪に問われるか」が語られるかと思いきや、十津川警部が超能力を全然信じていないから最初からそんな議論は無しでした。

出だしより大きな謎が提示される展開は良かったのですが、やっぱりと言うか、結局はお金が見えてきた辺りから物語はトーンダウンしましたね。

それでも最後まで読者を引っ張ってくれていましたが、最後はあっさりとチト物足りない結末。

・・・そう言えば一番最初の密室殺人ってトリックも何もかも解かれていないのでは?

全体の主犯格が捕まったって事でそれは今更どうでもいいのかな(笑)?

doramatotukawakeibutati (1)
※ドラマの十津川警部=船越英一郎

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説ミステリトラベル

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク