fc2ブログ

ジョン・カーペンター監督「遊星からの物体X (1982)」

入院中、TV放送していた映画「遊星からの物体X」を観る。

eigatore-ra-tvhousou (2)

その恐怖は一匹の犬から始まった。見渡す限り氷に囲まれた白銀の大雪原をヘリコプターに追われて逃げる犬は、アメリカの南極観測基地へと辿りつく。
ヘリコプターを操縦するノルウエー隊員が銃を乱射したため、アメリカ隊員はやむおえず彼を撃ち殺すが、やがて、ノルウエー隊員が異状に錯乱していた理由が明らかになる。
なんと犬の正体は10万年前に地球に飛来したエイリアンだったのだ!
接触するものを体内に取り込むエイリアンは、巧みに人間の姿に変身、吹雪に閉ざされた基地内で、隊員たちは互いに疑心暗鬼になっていく。
そんな中、彼らは挙動不審なマクレディをエイリアンではないかと疑うが…。


【点数】 ★★★★★★★★・・(8/10)

【感想・コメント】

ちょこっと観るつもりでしたがいつものごとく最後まで鑑賞。

入院中なので映画に飢えていたせいもあります。

こちらも言わずと知れた ホラーSFの金字塔。

ただのスネイクVSエイリアンではなく鎖された空間内で仲間内での疑心暗鬼ってのも良い演出。

結構グロいクリーチャーが出ますが今の若いもんが見たら安っぽく見えるかな・・・個人的にはCGで作った方がグロさは半減すると思いますが。

eigahaikei20240407 (1)

1979年の「エイリアン」と比べる人も多いかと思いますが、個人的には単純でチープな本作の方が私は面白いと思います。

死力を尽くして戦った生き残りの2人が、人類の滅亡なんてもうどうでもいいよとばかりに酒を酌み交わすラストも好きですね。

本コメントを描いている時に知ったのですが前日譚で「遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011)」って作品があるようで・・・知りませんでした。

ただ本作のファンなのにそのタイトルを聞いただけで、ちっとも観たいと思わないのは私だけでしょうかね?

◆「遊星からの物体X THE THING」 1982年/アメリカ 【109分】 日本語吹替版
監督:ジョン・カーペンター 原作:ジョン・W・キャンベル・Jr 脚本:ビル・ランカスター 撮影:ディーン・カンディ 音楽:エンニオ・モリコーネ 出演:カート・ラッセル(津嘉山正種)、A・ウィルフォード・ブリムリー(富田耕生)、リチャード・ダイサート(宮川洋一)、ドナルド・モファット(柳生博)、T・K・カーター(野嶋昭生)、デヴィッド・クレノン(仲木隆司)、キース・デヴィッド(屋良有作)、チャールズ・ハラハン(細井重之)、ピーター・マローニー(寺島幹夫)、リチャード・メイサー(藤城裕士)、ジョエル・ポリス(納谷悟朗)、トーマス・G・ウェイツ(池田秀一)

eiga20240406tirasi (1) eiga20240406tirasi (3)

◆ジョン・カーペンター監督映画鑑賞一覧
ハロウィン(1978)、ザ・フォッグ(1980)、ニューヨーク1997(1981)、遊星からの物体X(1982)、クリスティーン(1983)、透明人間(1992)、光る眼(1995)、エスケープ・フロム・L.A.(1996)


ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : 洋画SFホラー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク