fc2ブログ

中島紘一監督「野獣駆けろ (1990)」

ビデオで「野獣駆けろ」を観る。

20161214-001

デビュー作「陰の間」発表から三十年後の今、続編の執筆を始めた社会派の大作家、辺見俊悟に、正体不明の脅迫が始まった。
奇しくも辺見を護ることとなったのは高松圭介、六本木を棲み家とする元傭兵だ。
圭介に迫る脅迫者の目的は?そして、続編の秘密とは?
一人の作家の命をめぐり元傭兵たちが全能をかたむけ、プロとプロの壮絶な戦争が展開される。


1990年「新宿鮫」でブレイクした大沢在昌の同名小説を東映Vシネマが映像化した作品(まだ作者の版権が安かったんだろうな)。

低予算ながら原作を忠実に再現しようという努力は伺える作品だ。

だが、タフで無口な主人公の役を演じる神田正輝がイマイチ魅力に欠け、彼1人が物語のテンションを下げているように見える。

大沢氏お得意のハードで粋な台詞が多々出てくるのだが・・・これが似合わないのだ。

脇役の塩見三省や宍戸錠などはなかなかの好演なのだが・・・。

私が本作を好んで見るのは、ちゃっちいながらも頑張っているガンアクションが見たいが為。

その点に関しては、ガンマニアである神田正輝の“片手でスライドを引くシーン”とか、“弾装を変える時、残った実包を取っておくシーン”などは興味深い。

野獣駆けろ0908

最近、この手のドンパチシーンがある邦画が少ないので、たま~に見たくなるビデオの一つである。

・・・DVDにならんだろうなコレ

・・売れないから・・・。

■「野獣駆けろ」 1990年/日本・東映Vシネマ
監督:中島紘一 脚本:加藤正人 原作:大沢在昌 出演:神田正輝/塩見三省/一色彩子/誠直也/宍戸錠/南原宏治

ブログランキングに参加しています!
FC2 Blog Ranking

バナー0720

関連記事

テーマ : 今日のレンタルDVD/ビデオ
ジャンル : 映画

tag : 邦画アクション犯罪オリジナルビデオ

コメント

§ 野獣駆けろ・・・イイですね

塩見三省さんを再認識しました。主人公よりもはるかに魅力的な人物でしたね。それと誠直也!!不運な人ですね、逆に生まれがもう少し遅ければVシネの帝王はこの人だったかも、と思わされます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tommy荒野

Author:Tommy荒野
2006年1月開設。
わかちゃいるけどやめられない。
そんなの綴って18年目。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
リンク